Menu

List of Madamis in Deep Playable on UZU

(1~10Item/141of)
SHADOW CODE background image
SHADOW CODE
MARU
西暦2324年、未来都市エクリプスシティでは、全ての市民が頭に装着したICチップを通じてシティAI「NOVA」と交信している。日常の一部となったこの技術により、人々は思考だけで車を操ったり、義手を動かしたり、生活を便利にしている。しかし、この進歩の裏には暗く深い闇が隠されている。 ある夜、宿で鳴り響く大きな警報音。この音に導かれて四人はある部屋の前に集まる。部屋の中では、ベッドの上で生気を失った男が固まっている。レオンがその男の生死を確認すると、彼は既に息を引き取っていた。 この死は、ただの事故ではない。四人はそれぞれの能力と過去を駆使し、犯人探しとともに、エクリプスシティの裏に隠された深い闇へと挑む。彼らは死んだ男の所持品から手がかりを見つけ、街の表と裏をつなぐ影を解き明かしていく。
4
Person
120
Minutes
2024/07/12Publish
誰がために銃声は鳴る background image
誰がために銃声は鳴る
クマゾウ
国防軍所属特殊作戦部隊ベイオウルフ 対テロ特殊部隊である彼らの今回の任務は一人の男の護送だった。 通称ドゥーロン、本名国籍等一切不明。要人暗殺、航空機墜落、民間施設爆破など国内外の数々の事件を起こしながら一度も逮捕されなかった伝説的テロリスト。 そんな彼も部隊の長年に渡る捜査によりついに拘束され、今は部隊が所有する護送船の中で自由を奪われた不様な姿を晒している。 ドゥーロンを監視し、本国に送り届ける。それがベイオウルフの任務であった。 本国到着まであと数時間… そんな中事件が起きた。 軍医であるモーガン大尉が血塗れの遺体で発見されたのだ。 出航中の船内で一体誰が?どのようにして?なんのために? 困惑する部隊員。そんな中、場違いな笑い声が響く 「そこにいる女…俺が殺したぜ」 手足を拘束され椅子に縛り付けられながら、ドゥーロンは薄ら寒い笑みを浮かべながらそう言い放った。
5
Person
120
Minutes
2024/06/28Publish
終末少女は夢見る未来を信じてる。 background image
終末少女は夢見る未来を信じてる。
秋夜亭
絶望だらけの終末《せかい》でも、 あの子は明るい未来を夢見ていたのに。 まさか、夢を語り合った仲間に裏切られるなんてね。 一人の少女が〝外〟で戦死した。 でもあれは事故じゃない。 この中に、あの子を殺した嘘つきがいる! 「仲間の中から裏切者を特定し、ただちに処刑せよ!」 ともに夢見た4人は〝少女〟の無念を晴らすため 大事な仲間に疑念を向ける。 いや、そもそもさ。 ――こんな終末《せかい》で夢見ること自体、間違ってたのかもね。
4
Person
130
Minutes
2024/06/26Publish
思想障害_原宿フォーモ(流行依存症) background image
思想障害_原宿フォーモ(流行依存症)
秋夜亭
――私は一体、誰のことを忘れてしまったんだろう。 ある日、原宿で〝誰か〟の存在が消失した。 「たぶん、私にとって大切な人…だったと思う」 「早く思い出さないと、その人は完全に消えちゃう」 流行依存症《フォーモ》によって〝誰か〟は世界から消失した。 4人は「残った記憶の欠片」をもとに、「消えた存在」を推理する。 「きっと流行に依存しすぎたせいで消えたのよ」 「私と仲がよかったのかもしれない」 「女性だったんじゃないかな」 「あの日、あたしは〝その人〟と会ってたってこと…?」 話し合いによって、次々に「消失した誰か」の人物像が浮かび上がっていく。 ――思い出した。私たちが忘れていたのは――! 忘れられた存在を推理する協力型マーダーミステリー「思想障害_原宿フォーモ」をお楽しみください。
4
Person
100
Minutes
350
2024/05/22Publish
贖罪のラ・マグノリア background image
贖罪のラ・マグノリア
クエン酸味
この街には、とあるマフィアファミリーが存在した――。 「Rovina Family」の名を冠するその組織は、 およそ15年にわたり、この街に拠点を構え、悪逆の限りを尽くしてきた。 街全体を巻き込み大虐殺を起こしたテロに始まり、麻薬や武器の密売・拷問・人殺しに至るまで何でもやる、人々を恐怖に陥れ、時に疎まれる巨悪の組織。 しかしその実、ファミリー内ではここ数年ほど、組織の巨大化に伴う内部抗争の激化に悩まされていた。 抗争は、創始者であるボスを中心とすべきだと考える「ボス派」、ボスの意向に異を唱える幹部が中心となる「革新派」がぶつかり合い、組織内部の政治のみに関わらず、街中でのシノギの奪い合いなど、今や互いに同じ組織であるとは思えないほどの激しい争いを繰り広げている。 過激化する「革新派」の刃は、今や長であるボスその人に向けられていた。 ボスはアジトではなく山奥に存在するボス本人の屋敷へと身を潜めることとなる。 屋敷には、ボス本人の許した人間以外は出入りすることが出来ない。 ――ある日、その屋敷にて。 あろうことか、ボスが死んだ。 殺されていた。 一体誰が? 「革新派」のスパイが紛れ込んでいるのか、それとも――。
6
Person
140
Minutes
2024/05/21Publish
終末世界に乾杯を。 background image
終末世界に乾杯を。
STUDIO ARTS
××××年、地球は前例のない危機に直面していた。謎のウイルスが世界中で猛威を振るい、人類は存亡の危機に瀕していたのだ。 この未知の病原体は驚異的な速さで広がり、かつて数十億人を誇った人類は、わずか十数年のうちに数百万人へと激減してしまった。世界各地で文明は崩壊し、生き残った人々は食料や水、そして安全な避難場所を求めて絶望的な戦いを強いられていた。 人類は各地に研究シェルターを作り、ウイルスに対抗する策を練っている。 ここは、日本・東京にある研究シェルター。 日本で最も優秀な研究者が集まるこのシェルターで、ある日一人の研究員が死亡しているのが発見される。 荒廃した世界で起こった悲劇の真相を解き明かせ。
5
Person
150
Minutes
560
2024/05/06Publish
純粋の射程 迷わずの射手 background image
純粋の射程 迷わずの射手
レベルクローバー
女子中学生を襲った不審者が何者かによってボウガンで射殺された。 被害者でありトラウマを抱える「ななみ」に近しい関係者は、安堵ともに殺人事件がおきたことに複雑な心境だった。 そして、ボウガンによる事件が再び起こったとき、その戸惑いは不安、そして疑念へと変化した。 近しい人物に犯人がいるのではないか。疑いは犯人捜索へと、あたかも矢のごとく直線を描き進み始める。
4
Person
100
Minutes
2024/05/05Publish
みんなインフルエンサーに騙されてる。―インフルエンサーサイド― background image
みんなインフルエンサーに騙されてる。―インフルエンサーサイド―
秋夜亭
近い未来、人類が滅ぶことを誰も知らない。 …いや、たった6人だけが滅びる未来を知っている。 「絶望的な未来」をひた隠し、民に偽りの希望を与え、搾取する。 そんな6人のことを——人は「インフルエンサー」と呼ぶ。 ——みんなインフルエンサーに騙されてる。夢も希望も全部ウソだった! 秘密に気づいた民たちは、インフルエンサーたちの悪政を止めるべく革命軍を立ち上げた。 革命軍は徐々に勢力を伸ばし、ついに革命の決行を数日後に控えている。 そんな時——インフルエンサーの中に、革命軍とつながった「内通者」がいることが発覚した。 インフルエンサー6人は集会を開き、議論をはじめる。 「やれやれ…革命に成功したところで、滅びる未来は変わらないというのに——6人の中から内通者を特定し、ただちに処刑せよ!」 〝搾取によって得た幸福〟を守るため、内通者を暴き出せ。
6
Person
130
Minutes
700
2024/04/24Publish
思想障害-新宿タイムリープ- background image
思想障害-新宿タイムリープ-
秋夜亭
ここ数年で急激に人気を獲得しているバンド「C.E.G.」。 サブスクでランキングを独占しつつあり、全国ツアー、新アルバム、ドラマ出演等、これからさらに活躍が期待されていた。 ある日、都内某所にあるマンションで、ボーカル&ギター、作詞作曲を担当していた江福 創詩(えふく そうし)の遺体が発見された。 警察の捜査により、青酸カリの服毒による自殺だと結論づけられた。 しかし―― 創詩が遺した曲の歌詞には、タイムリープ能力者の存在を匂わせるメッセージがあった。 C.E.G.のメンバーたちはもう一度集まり、お互いの顔を見合わせる。 「タイムリープ」という思想障害の発症者が、この中にいる。 思想障害。それは思想や精神に大きな欠陥が生まれたことで、非科学的な現象を引き起こす流行りの奇病である。 燃え尽き症候群の末期と呼ばれる、体が発火する病「バーンアウト」。 密かに他人を攻撃して追い詰め、言葉で物理的に怪我を負わせる病「カバートアグレッション」。 そして、こうなるべきだという思い込みによって時間を巻き戻す病「タイムリープ」。 自殺に見せかけて創詩を殺した犯人が、この中にいるかもしれない。
4
Person
110
Minutes
2024/03/27Publish
銃声が告げるダリアの終焉 background image
銃声が告げるダリアの終焉
瀬田光奈
西暦20××年、某国の首都マーシュフィールド。 ここで組織犯罪などの捜査にあたるのが国家犯罪対策庁。 ある日、シャーロットの部下としてダニエルは配属された。 *** 「あなたと出会えたから、僕は生きることができました」 「あなたと出会えたから、私は生きる希望を持てたの」 裏切るのか、信じあうのか。善か、悪か。あなたたちだけの物語。
2
Person
155
Minutes
2024/03/25Publish